美容整形で輪郭を変えると顔が若々しくなる

エラの大きさに関してはあごのエラ削りの手術を受ける

顔の大きさがコンプレックスで脂肪溶解注射を受ける / エラの大きさに関してはあごのエラ削りの手術を受ける / 施術後はダウンタイムも短くこのクリニックを選んで良かった

しかしアゴのエラが大きい状態は脂肪溶解注射だけでは改善できず、医師と相談しながら美容整形を続けて行うか考えた際に、この手術を受けたいと思えたのがアゴのエラ削りでした。
骨の一部を削ると聞くだけで怖いと感じていた手術なのですが、神経や血管を傷つけないようにエラを削り取れるように、どういった器具を使うのが説明を受けたのが考えが変わった理由です。
顔に大きな傷跡が残らないように、口の中からメスを入れて骨の一部を削り取るという手術法を聞いてからは、周囲の視線を気にせずに済むと考えて安心して手術を依頼できています。
最新の治療用の器具などを用意しているクリニックを利用しているので、骨を削り取るための手術にも長い時間はかからず、時間的な余裕がない自分でも安心して医師を頼る事ができました。

左右のエラの大きさで違いが出ないように、エラ削りのシミュレーションを繰り返してから、詳細のプランを決めてもらえたのも信頼できる点です。
アゴのエラを削ってもらった事によって輪郭がスリムになっただけでなく、横顔が綺麗になったのは予想外の効果で、手術を受けてみて本当に良かったと思えています。
口の中からメスを入れる事になるために、食事を口にするのも困難にならないか心配でしたが、意外と短い期間で傷口が塞がって助かりました。